Contents Menu
TOPページ
労働トラブルはこんなに多い
裁判ってどうなんだろう
労働トラブル解決方法
社労士は労働法の専門家
サービス残業
サービス残業是正指導件数
あっせんとは
あっせん代理とは
ADRとは
特定社会保険労務士とは
解雇予告手当
解雇制限
年次有給休暇
行政機関 
都道府県労働局 
労働基準監督署 
紛争調整委員会
解雇・リストラ・倒産に関する
         Q&A
賃金・ボーナスなどの労働条件に関する  Q&A
セクハラ・有給休暇などに関する         Q&A
労働基準法(総則)
労働基準法(労働契約)
労働基準法(賃金)
労働基準法(有給休暇)
労働基準法(休憩・休日)
労働基準法(療養補償・休業補償)

労働トラブルのご相談はこちら

事務所案内

お問い合わせ

特定商取引に関する記載

お役たちリンク集

リンクについて

免責事項


あっせんとは

あっせんとは辞書を引くと、間に入って両者の間がうまくいくようにとりもつことです。
「就職をあっせんする」といった使い方をします。

このあっせんという言葉を使った「あっせん制度」というのが紛争調整委員会に設けられています。

紛争調整委員会によるあっせん制度とは、相対立する個々の労働者と使用者との間に学識経験者である第三者が入り、当事者双方の事情を聴取、整理、相互の誤解を解くなどして、当事者双方の理解を得て、紛争の円満な解決をめざす制度です。

紛争調整委員会はどこにあるかというと全国47の都道府県労働局に設置されています。弁護士、大学教授、社会保険労務士等の労働問題の専門家である学識経験者により組織された委員会であり、この紛争調整委員会の委員のうちから指名されるあっせん委員が紛争解決に向けてあっせんを実施します。

あっせんと裁判のメリット、デメリット

あっせんのメリット
@簡易である  A迅速である  B無料
C円満解決可能  Dプライバシー守られる
E民法上の和解契約の効力がある
F在籍中でもあっせんの申し立てをすることがある。
Gあっせんを申請したことによる解雇その他不利益な取り扱い禁止

あっせんのデメリット
@強制力がない
Aあっせんに協力しないことのペナルティーなし
B民事訴訟など裁判手続と同時に行えない


裁判のメリット
@詳しい経過が分かる
A多くの人に事件の内容を知ってもらえる
B多くの泣き寝入りしている人達が声をあげるきっかけとなる

裁判のデメリット
@時間がかかる  A費用がかかる  B表面化する
C手続きが難しい
D周囲から批判がある場合もある
E弱点を突いてくることによる精神的疲労がある

このように、あっせん制度は裁判制度と比較してもかなり使い勝手のいい制度です。
簡易、迅速、無料もしくは安価、プライバシーが守られるという点はまったく裁判制度と逆で、紛争当事者の精神的負担や、経済的負担を軽減します。
 
どれくらい迅速か?
平成16年度の統計で、あっせんの処理に要した期間は、1か月以内が66.4%、1か月を超え2か月以内が26.5%となっており、2か月以内9割以上があっせんを終了しています。
無料もしくは安価ということですが、あっせんを本人ですれば無料です。
   i_check_1a.gif労働トラブルのご相談はこちらから
   
   

Copyright(C)2005〜 Hiroki Tani All rights reserved.