Contents Menu
TOPページ
労働トラブルはこんなに多い
裁判ってどうなんだろう
労働トラブル解決方法
社労士は労働法の専門家
サービス残業
サービス残業是正指導件数
あっせんとは
あっせん代理とは
ADRとは
特定社会保険労務士とは
解雇予告手当
解雇制限
年次有給休暇
行政機関
都道府県労働局

労働基準監督署

紛争調整委員会
解雇・リストラ・倒産に関する
         Q&A
賃金・ボーナスなどの労働条件に関する  Q&A
セクハラ・有給休暇などに関する         Q&A
労働基準法(総則)
労働基準法(労働契約)
労働基準法(賃金)
労働基準法(有給休暇)
労働基準法(休憩・休日)
労働基準法(療養補償・休業補償)

労働トラブルのご相談はこちら

事務所案内

お問い合わせ

特定商取引に関する記載

お役たちリンク集

リンクについて

免責事項

サービス残業是正指導件数

労働基準監督署によるサービス残業是正件数は、1998年では7,038件でしたが年々増えてきており、2003年では過去最多の18,511件になりました。

サービス残業は違法であるという認識が広まり、労働者、その家族からの告発が増えています。
インターネットの普及により、労働者が簡単に必要な情報を手に入れることができるのも、サービス残業是正指導件数増加の理由の1つでしょう。

   i_check_1a.gif労働トラブルのご相談はこちらから
   
     
 

 


Copyright(C)2005〜 Hiroki Tani All rights reserved.