Contents Menu
TOPページ
労働トラブルはこんなに多い
裁判ってどうなんだろう
労働トラブル解決方法
社労士は労働法の専門家
サービス残業
サービス残業是正指導件数
あっせんとは
あっせん代理とは
ADRとは
特定社会保険労務士とは
解雇予告手当
解雇制限
年次有給休暇
行政機関
都道府県労働局
労働基準監督署
紛争調整委員会
解雇・リストラ・倒産に関する
         Q&A
賃金・ボーナスなどの労働条件に関する  Q&A
セクハラ・有給休暇などに関する         Q&A
労働基準法(総則)
労働基準法(労働契約)
労働基準法(賃金)
労働基準法(有給休暇)
労働基準法(休憩・休日)
労働基準法(療養補償・休業補償)

労働トラブルのご相談はこちら

事務所案内

お問い合わせ

特定商取引に関する記載

お役たちリンク集

リンクについて

免責事項

都道府県労働局

全国47の都道府県に設置されて、労働に関する業務を推進しています。
労働基準監督署、ハローワーク(公共職業安定所)を統括しています。

総合労働相談コーナー
各都道府県労働局、主要労働基準監督署、主要都市の駅周辺ビルにおいて労働相談をしています。

都道府県労働局長による助言・指導
都道府県労働局長が、個別労働紛争に関して助言・指導することにより紛争当事者が自主的に紛争を解決することを促進する制度です。
しかし、紛争当事者に一定の措置の実施を強制するものではありません。


労働基準監督署

都道府県に数箇所設置されています。

労働基準監督署の業務
 ●労働基準法、労災保険法、労働安全衛生法などの法律に基づき、労働保険の  加入手続き、労災保険の給付などを行っています。
 ●労働相談
 ●労働基準法に定められている基準に違反してないか定期的または臨時に監査。
 ●立ち入り検査で法令違反があれば是正勧告をする。

例えば残業代不払いがあった場合
会社に対し指導や是正勧告を出し、将来に向かって是正させ、過去の未払い分を支払わせる。
過去の未払い分は、賃金を請求できる時効が2年であるため最高でも2年分である。

労働基準法104条「事業場に、この法律又はこの法律に基づいて発する命令に違反する事実がある場合においては、労働者は、その事実を行政官庁又は労働基準監督署に申告することができる。

労働基準法104条2項「使用者は、前項の申告をしたことを理由として、労働者に対して解雇その他不利益な取扱をしてはならない。


労働基準監督官
労働基準監督官は司法警察員であり強力な権限を持っています。刑事訴訟法に基づく捜査権や逮捕権も持ち合わせ労働Gメンと呼ばれることもあります。

紛争調整委員会

全国47の都道府県労働局に設置されています。弁護士、大学教授、社会保険労務士等の労働問題の専門家である学識経験者により組織された委員会であり、この紛争調整委員会の委員のうちから指名されるあっせん委員が紛争解決に向けてあっせんを実施します。


   i_check_1a.gif労働トラブルのご相談はこちらから
   

Copyright(C)2005〜 Hiroki Tani All rights reserved.