Contents Menu
TOPページ
労働トラブルはこんなに多い
裁判ってどうなんだろう
労働トラブル解決方法
社労士は労働法の専門家
サービス残業
サービス残業是正指導件数
あっせんとは
あっせん代理とは
ADRとは
特定社会保険労務士とは
解雇予告手当
解雇制限
年次有給休暇
行政機関
都道府県労働局
労働基準監督署
紛争調整委員会
解雇・リストラ・倒産に関する
         Q&A
賃金・ボーナスなどの労働条件に関する  Q&A
セクハラ・有給休暇などに関する         Q&A
労働基準法(総則)
労働基準法(労働契約)
労働基準法(賃金)
労働基準法(有給休暇)
労働基準法(休憩・休日)
労働基準法(療養補償・休業補償)

労働トラブルのご相談はこちら

事務所案内

お問い合わせ

特定商取引に関する記載

お役立ちリンク集

リンクについて

免責事項


サービス残業

サービス残業とは、残業をしたにもかかわらず賃金が支払われないことを言います。
では、どこからがサービス残業になるかですが、原則、休憩時間を除き1週間に40時間、1日に8時間を超えて働いたにもかかわらず賃金が支払われないとサービス残業になります。
また、1週間に40時間、1日に8時間を超えて働かせた場合は割増賃金が必要となります。割増賃金とは通常の賃金にプラスαを加えたものを言います。

割増賃金の割増率は労働基準法37条で定められており、表1のようになっています。例えば、午前9時から午後6時まで(休憩1時間)が所定労働時間である会社で、午後9時まで働いた場合は午後6時から午後9時までの3時間は通常の賃金に時間外労働時間の割増率である25%以上を掛けた金額の賃金を支払わなければなりません。

サービス残業の不払いは社会問題となっており、厚生労働省でも「賃金不払残業(サービス残業)解消キャンペーン」などをしていますが一向に減っていません。
また、サービス残業の問題は残業代の不払いだけではなく、長時間の残業から生じるうつ病や過労死の問題もあります。

         表1
時間外労働(1日8時間を超える労働) 25%以上
深夜労働(午後10時〜午前5時) 25%以上
休日労働 35%以上
時間外労働+深夜労働 50%以上
休日労働+深夜労働 60%以上
休日労働+時間外労働 35%以上
   i_check_1a.gif労働トラブルのご相談はこちらから
   
   

Copyright(C)2005〜 Hiroki Tani All rights reserved.